ミニマリストに追い求める断捨離が目指す。あこがれ。

私の座敷は散らかり過ぎてる。
だから、再び一品を捨てて、身軽に恋い焦がれる。
冬季衣装がいっぱいある。
夏服もいっぱいある。
収納ひとつに入るのが完璧ですな。
居住出社だし、衣装なんてそれだけ人一倍有する必要はないし。
化粧品もいらないし。
とりわけ、ミニマリストに恋い焦がれる。
旦那が、かりにマキシマリストでも、自身はミニマリストになるんだ。
衣装も最小限にして、管理できる範囲内で持つんだ。
上京してきた17時世前は、製品なんて持ってなかった。
バッグ2つに、衣装だけ入ってた。それが、今ではこんなにも一品にあふれた生活をしてある。
17時世前に戻りたいとは思わない。スマフォもないし、クラウドもないし。クラウドソーシングもない。
だけど、ある程度の広さの家で、快適に暮らしたい。
ミニマリストに恋い焦がれる。都内は賃料が高すぎるから、千葉で。
自身は必要最小限の一品をちゃんと管理できるような人に恋い焦がれる。
それが今後のライフの意思です。ライフで何度も断捨離を決める。http://www.oebby.com/